シェイプアップで理想のボディ

シェイプアップ部分別

お尻

キュッと引き締まったお尻は、女性なら誰でも憧れます。ヒップラインは加齢によって徐々に下がっていき、たるんで見た目も締りがなくなります。中年期にはいると、基礎代謝が下がった事や、長年の重力の影響などによってお尻に脂肪がつきやすく、たるんでくるのです。

特に、女性は筋肉の量が男性に比べて少なく、皮下脂肪がつきやすい体質です。女性が脂肪をためやすいのは妊娠時に子宮を外部から守るために、脂肪を付けてクッションの役割を果たす為です。

理想のプロポーションとして、ボン、キュ、ボンと言われるくらいなので、女性のお尻は大きい方がいいと言う考えもありますが、大きくても脂肪がたるんでいるようなお尻は美しいとは言えません。

体型に合った理想的なお尻のサイズは、身長×0.53cmと言われています。理想に近い引きしまったお尻をつくるには、お尻と太ももの境をはっきりさせる事です。お尻は日常生活であまり動かさないので、シェイプアップエクササイズで意識的に引き締めていきましょう。

まず、腰に手を当てて背筋を伸ばして立ち、片足を軽く曲げてお尻をぐっと押すイメージで床をゆっくりとつま先で押します。お尻と太ももの筋肉を意識しながら、左右で5回行います。次に壁に両手をついてたち、足を後ろにゆっくり持ちあげて5秒間キープし、左右で5回ずつ行います。

最後に、お尻歩きを行います。お尻歩きは、足を延ばして床に座り、お尻を左右に動かす事で前進し10歩進んだら、後退します。お尻歩きは便秘解消の効果もあります。

引越し 見積り

HOME

シェイプアップの基礎知識

シェイプアップに必要な栄養

シェイプアップ部分別

シェイプアップの運動

タイプ別のシェイプアップ

PAGE TOP