シェイプアップで理想のボディ

シェイプアップに必要な栄養

タンパク質

筋力をアップするには、タンパク質は欠かせない栄養素です。筋肉組織の元となるタンパク質は、疲労した筋肉の回復や破壊された筋肉の再合成に利用されます。

ダイエットをしていて、タンパク質が不足している人はカロリーを摂取していなくても脂肪が燃焼される事がないので、思うように体重が減らず体が脂肪を溜め込もうとするので痩せ難い体になってしまいます。

タンパク質は筋肉だけでなく、内臓や体を構成する基礎となり、神経系の伝達やホルモンの分泌を正常に行う事にも必要です。タンパク質は体重1kgあたり、1g必要であるといわれています。つまり、50kgの人は50gのタンパク質を毎日摂取する事で、健康に過ごすことが出来ると言われています。

タンパク質は肉類に多く含まれているので、動物の肉や魚を食べる事で摂取する事が出来ます。ただ、動物性のタンパク質は脂肪分も多く含んでいるので、シェイプアップを行っている場合は動物性タンパク質ばかりを摂取する事は危険です。

植物性タンパク質には、代表的なものに大豆があります。大豆等の植物性タンパク質は脂肪分が少ないですが、アミノ酸のバランスが悪いとされています。タンパク質はアミノ酸の組み合わせで構成されていますが、植物性タンパク質は人間に必要な20種類のアミノ酸のバランスが悪く、必須アミノ酸が不足してしまう可能性があります。

シェイプアップを効率よく行う為のタンパク質の摂取方法は、低カロリー高タンパク質のものを1日1度は摂取するようにするのがいいでしょう。肉、魚、豆類、卵はタンパク質を豊富に含んでいるので、この中で低カロリーのものを1度は摂取するように心がけましょう。

牛肉や豚肉は脂肪分が多いので、肉を選択する場合はなるべく鶏肉を食べるようにするとより良いでしょう。特にささみは、高タンパク質でも脂肪が少なく低カロリーなので、シェイプアップに適した食材といえます。

HOME

シェイプアップの基礎知識

シェイプアップに必要な栄養

シェイプアップ部分別

シェイプアップの運動

タイプ別のシェイプアップ

PAGE TOP