シェイプアップで理想のボディ

シェイプアップに必要な栄養

Lカルニチン

Lカルニチンはアミノ酸の一種で、体内の脂肪酸を燃焼するのを助け、エネルギーに変換する働きがあります。Lカルニチンは必須アミノ酸ではありませんが、人の肝臓でも微量が作られ、主に肉類から摂取出来ます。Lカルニチンはあ20歳を過ぎると減少し始め、意識的に摂取しないと不足状態になります。

人は加齢と共に基礎代謝が、落ちるので脂肪が体内に蓄積しやすく、メタボリックシンドロームや高脂血症といった生活習慣病になりやすくなります。L-カルニチンを摂取すると生活習慣病の原因となる脂肪が燃焼されて、シェイプアップ効果が期待できます。

また、エネルギーが生み出されて、日常生活をより活動的に行う事が出来ます。体についた脂肪は、なにもしないと燃焼されることはありません。脂肪は細胞内にあるミトコンドリアに取り込まれる事で、燃焼されてエネルギーに変換されます。

脂肪をミトコンドリアまで運ぶ働きがあるのが、Lカルニチンです。Lカルニチンが不足しないで体内にあると特別な運動を必要とせずに、基礎代謝だけで脂肪を燃焼する事が出来ます。Lカルニチンはビタミンのように余分量が排出されることはなく、体に蓄積していく事ができます。

継続的にLカルニチンを摂取し、脂肪の燃焼率を上げてより効果的にシェイプアップを行いましょう。Lカルニチンは野菜や果物などには含まれず、肉類から摂取するしかありませんが、シェイプアップ中に肉類が中心の食事は理想的ではありません。

Lカルニチンの1日の理想摂取量は、牛肉を1kg摂取することでえられますが、和食中心の日本人には難しいので、サプリメントを利用して継続的な摂取を行いましょう。

HOME

シェイプアップの基礎知識

シェイプアップに必要な栄養

シェイプアップ部分別

シェイプアップの運動

タイプ別のシェイプアップ

PAGE TOP