シェイプアップで理想のボディ

妊婦

妊娠すると二人分も栄養を取る必要があり、お腹の中に赤ちゃんがいることから、必然的にサイズは大きくなります。最近は、妊婦でも太り過ぎは健康上良くないと言われており、程度に運動する事は健康だけでなく、精神にも良い働きをするので簡単なあシェイプアップで心身共に健康に過ごしましょう。

妊娠中は激しい運動は出来ませんが、約1年で体型が大きく変化するので、姿勢に負担が生じて腰痛や、足を痛めやすくなります。妊娠による体重増加は10kgまでが健康的な範囲で、それ以上の体重増加は妊婦とは言え、肥満の傾向にあります。

妊娠中においては母親の精神状態は赤ちゃんにも影響するので、あまりストレスになるようならシェイプアップよりも心身における母体の健康を優先した方がいいです。脂肪が付きすぎると、産道が脂肪に圧迫されて難産になる可能性があります。

妊娠中でも可能なシェイプアップは、妊婦も出来るエアロビクスのマタニティビクスや、ウォーキングなどがよいとされていますが、水泳は浮力でお腹の負担が軽減されるので、妊婦にてきしたシェイプアップと言えます。

泳ぐことは困難でも、水中を動き回るだけで相当なカロリーが消費できるので、楽にシェイプアップ出来ます。

お腹が大きくて腰痛や肩こりの症状がある人は、水中の方が楽と言う人もいます。ただし、泳いだ後は血圧や子宮の状態もチェックして問題が無い事を確認しましょう。

HOME

シェイプアップの基礎知識

シェイプアップに必要な栄養

シェイプアップ部分別

シェイプアップの運動

タイプ別のシェイプアップ

PAGE TOP