シェイプアップで理想のボディ

シェイプアップの運動

水泳

水泳は有酸素運動ですが、マラソンなどと違って水中で行うので、運動量は大きくても自分の体に負担が少なく故障しにくいシェイプアップに優れた運動です。

水泳は全身の筋肉を使って運動するので、カロリーの消費量も非常に高いです。泳ぐ事が出来ない人も、水中でウォーキングするなど、水の中で動くだけで体に負荷がかかり、陸上よりもたくさんのカロリーを消費することが出来ます。

水泳でのシェイプアップは、全身の筋肉を引き締めるのに効果がありますが、早く泳いだりする必要はありません。有酸素運動は少ない負荷でも、長い時間をかける事でジワジワと脂肪が燃焼されていくからです。

自分のペースを崩さずに続ける事で、引きしまった筋肉が作られていきます。泳げない人も水中で歩くだけでいいといいましたが、水中にいるだけでもカロリーは消費されます。水中に入るだけで水圧がかかるので、血管が圧迫されて収縮します。流れの悪くなった血管に血液を流そうと、心臓がいつもよりも強く働くので血液の循環の良くなります。

全身をシェイプアップしたい人は、クロールや平泳ぎを30分以上、自分のペースで泳ぎつづけるのがいいでしょう。特に下半身のシェイプアップには水泳が優れており、水中でウォーキングする事は太ももやふくらはぎのシェイプアップに効果が高いです。

水中は深い程水圧が高いので、足は多くの水圧がかかり、陸上よりも負担の大きい水中で動く事で、筋肉が脂肪を燃焼し、むくみの解消にもなります。

HOME

シェイプアップの基礎知識

シェイプアップに必要な栄養

シェイプアップ部分別

シェイプアップの運動

タイプ別のシェイプアップ

PAGE TOP